カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

Primaryで使用しているオーガニックコットンについて

プライマリーでは、NPO法人日本オーガニックコットン流通機構(NOC)により
認定を受けたオーガニックコットンの生地を使用し、布おもちゃやぬいぐるみを製造しております。 お肌のデリケートな赤ちゃんにも安心してご使用いただけます。

*******************************************************************
     以下、NPO法人日本オーガニックコットン流通機構認定の
                 オーガニックコットンについてのご説明
*******************************************************************

オーガニックコットンとは、無農薬の畑で作られたコットンのことをいいます。
そして最短で3年間、農薬や化学肥料を使わずに育てられたことが証明されています。

栽培時は、除草剤や害虫駆除のための殺虫剤など一切使用されず、人の手で除草し天敵昆虫による害虫駆除を行います。
当オーガニックコットンの畑では、人の手で、一つ一つ綿花を摘んでいますので、 機械で刈り取る畑で行われている枯れ葉剤の散布などのような必要がなく、 自然環境とそこで働く人々にとって安全です。

栽培の過程だけでなく、製品になる加工の過程でも、 漂白や染色他の化学処理をせずに仕上げていますので、 ふんわり心地の良い自然な肌触りと高い安全性を兼ね備えています。(漂白や染料などの化学処理はNOCグリーンの規定に沿って極く安全なレベルで行っております。)


NPO法人日本オーガニックコットン流通機構(NOC)



オーガニックコットンについて

 

オーガニックコットンって?

オーガニックコットンと聞いてみなさんはどの様な印象をお持ちですか?
「肌ざわりがよさそう」「自然や人にやさしい」などといったイメージをお持ちの方が多いと思います。
最近はオーガニックコットンを使用した商品もだいぶ増えてきたので、手に取る機会も多くなりました。
ですが、オーガニックコットンとふつうのコットンとの違は?と聞かれて、答えられる方は意外と多くないのではないでしょうか。
Primaryでは、ぬいぐるみや・ガラガラなど赤ちゃんが触れる布のおもちゃに、オーガニックコットンを使用した商品を数多く取り扱っております。
その「オーガニックコットン」について、ご案内をしたいと思います。


オーガニックコットンとは

オーガニックコットンとは、無農薬の畑で作られたコットンのことをいいます。
3年から5年以上の間、農薬や化学肥料を使わずに綿花を育てている綿畑でしか栽培ができません。

栽培時は、除草剤や害虫駆除のための薬剤は一切使用されず、人の手で除草し昆虫による害虫駆除を行います。
通常、機械での刈り取りの際には枯葉剤を使用しますが、オーガニックコットンの場合、人の手で一つ一つ摘み取ったり、自然に枯れるのを待ったりします。

栽培の過程だけでなく、製品になる加工の過程でも脱脂、 漂白や染色の化学処理をごくわずかにおさえているため、 ふんわり心地の良い自然な肌触りと高い安全性を兼ね備えています。


オーガニックコットンについて

 

オーガニックコットンとふつうのコットンの違い


オーガニックコットンとふつうのコットンでは、栽培の土壌作りから加工において大きな違いがあります。


オーガニックコットン

工程

ふつうのコットン

合成化学物質を3年間まったく使用していない土地の畑でつくられます。

土壌

植え付け以前に化学薬品などで土壌を殺菌します。

雑草は耕運機や人の手で対処します。
野菜のくずや家畜の糞などを利用した肥料を使います。

除草・肥料

除草剤や化学肥料が使われます。

てんとう虫などの天敵昆虫の力を借りて駆除するなど、自然の仕組みを利用した方法で行います。

防虫

農薬を使用します。

人の手で、一つ一つ綿花を摘み取ります。
または、自然に枯れるのを待って収穫します。

刈取り

枯葉剤を散布し人工的に葉や茎を枯らし、機械で刈り取ります。

天然石鹸や食品衛生法の適用を受けているソーダ灰などを使用し、自然の恵みを損なわないように仕上げられます。
漂白や染料などの化学処理は極く安全なレベルで行います。

紡績・加工

漂白剤、化学染料、防腐加工剤、 防縮加工、柔軟仕上げ など様々な化学薬品で処理します。

こうしてみてゆくと、いかにふつうのコットンに化学薬品が大量使用されているかがわかります。
農薬を使用することで、綿花を栽培する人々の健康を損なってしまったり、土地が痩せてしまったりといった問題も起こりました。
生産効率の為、美しい色やデザインの為、機能性の向上の為などに利用される化学薬品をすべて否定するつもりはありません。
ですが、肌が敏感な乳幼児、アレルギー体質の方などには、手間ひまかけて作られた、安心で安全なコットン製品を使っていきたいですね。


オーガニックコットンについて

 

オーガニックコットンのお手入れ・洗濯方法

水洗いをする場合

  • オーガニックコットンのやわらかな手触りを長く保ち、いたみを防ぐ為に手でやさしく洗うことをおすすめします。
  • 蛍光剤、漂白剤などが入っていない洗剤や石鹸のご使用をおすすめします。
    (柔軟剤はコットンの吸収力を悪くする可能性があります)
  • 浸け置きはしないでください。
  • 形を整えて日陰干しをおすすめします。
    タンブラー乾燥は縮みによる変形の可能性がありおすすめできません。
  • 防縮剤を使用していないため、洗濯後に多少縮む場合があります。
  • 漂白処理をしていないため、表面に綿カスが見えますが、品質及びご使用にはなんら差し支えありません。

布おもちゃの場合

  • 水または30度程度のぬるま湯に洗剤(*1)又は石鹸を溶かし、素早く手で洗い、すぐにタオルなどでよく水切りをし、形を整えて完全に乾燥させてください。 (*1 強い洗剤漂白剤は変色を起しますのでお避けください。)
  • 【注意】内部に水分が浸透しないよう表面だけ手早く洗ってください。
    内部に水分が浸透すると完全に乾くのに数日かかり、臭いが出ることがあります。
  • 鳴き笛入りのものは、笛に水が入ってしまうと鳴らなくなりますので、水洗いの際は特にご注意ください。

オーガニックコットンについて

 

オーガニックコットンの色について

オーガニックコットンの欠点

人にも自然にもやさしいオーガニックコットンですが、実は残念な点もいくつかあります。
オーガニックコットンは、農薬や大量生産のための機械を使用しないため、生産に時間やコストがかかってしまいます。
また漂白剤や化学染料の使用を抑えているため、生地の色の表現の幅が限定されてしまいます。
防縮加工剤や蛍光増白剤を使用していないので、洗濯すると縮みや歪みが出たり、色が均一でない場合があります。
このように素材の個性が出てしまうのも、自然の恵みを大切にした栽培・加工を行うためです。
そのおかげでふんわりとした 優しく包み込れるような肌触りやあたたかみのある風合いになります。


オーガニックコットンの色

着色をしないオーガニックコットンは、3色のナチュラルカラーがあります。
「白(生成り)」「グリーン」「ブラウン」
もともとは綿にも色々な色味があったそうです。
どの色も天然のやわらかな色で、当店の一番人気のぬいぐるみもナチュラルでやさしい雰囲気に仕上がっております。


おススメ名前入りの贈り物!オーガニックコットンのぬいぐるみ
当店一番人気♪【赤ちゃんのお名前入り】オーガニックコットンのぬいぐるみ
 

黒っぽいゴミ?の正体

時折生地の表面に、黒っぽいゴミのようにも見えるシミが見受けられます。
これは綿の葉の乾いた破片「綿かす」です。
加工の段階で手間をかけ細かなゴミを取り除く努力はしているのですが、全てを取り除くことはとてもとても困難です。
漂白剤等を使用しないために残ってしまう、安全のしるしですので、ご理解いただければと思います。

オーガニックコットンについて