カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

出産祝いのマナー【贈る時期・相場金額・のし紙・贈る品物】

【出産祝いを贈る時期は?】


出産祝いは、赤ちゃんの生後7日後からお宮参りを行う生後1ヵ月までにお贈りするようにしましょう。


◆出産祝いは、赤ちゃんが生まれてからお祝いをするのが一般的です。万が一の場合等、
 出産前にお祝いを贈ることが、失礼に当たる場合がありますので注意をしましょう。



*** ママ店長の実体験より ***

マナーでは生後7日後からとされていますが、出産直後に病院へお見舞いに来ていただいた時に頂いたりもしました。産院入院中は、出産の喜びにひたっていたので、忙しい中、急な出産にも早々に駆けつけてくれた友人方々への感謝の気持ちも倍増でした☆まして、お祝いなんていただいた時には感動!しました。

もちろん、ママの体調にもよりますが、出産を一緒に喜んでくれる方々のお気遣いは嬉しいもの。マナーの時期は目安です。お祝いは、いつ贈られても相手の気持ちが伝わる嬉しいものだと思いました♪



【出産祝いの金額の相場は?】

  • 祖父母 ・両親     1万円以上
  • 兄弟・姉妹       1万円〜2万円
  • 親戚           1万円前後
  • 友人           3千円〜1万円程度



【出産祝い のし紙については?】

何度あっても喜ばしい出産のお祝いには『花蝶結び』といった紅白の蝶結びののし紙をつけます。
表書きには『御出産祝』または『御祝』とし、水引の下段に贈る方の名前を記入します。

のし紙のつけ方、包装紙の内側につける(内のし)と、外側につける(外のし)とありますが、どちらでもかまいません。


◆ラッピングに使用しているリボンとのし紙の位置づけは同じそうです。のし紙をつけた場合、リボンは使用しません。



【出産祝いに贈る品物は?】

下記に比較的よく贈られているものを載せてみました。

  • 両親・兄弟・姉妹    ベビーベット、寝具、お宮参り用ドレス、現金等
  • 親戚            少し高価なベビー服、現金等
  • 友人            ベビー服、ベビー靴、おもちゃ、商品券等


*** ママ店長の実体験より ***

◆姉妹の一人目の出産時にはリクエストのあったベビーベットを贈りました。
(ちなみに私のようにベビーベットを使用しないものもいるので、リクエストを聞いての方がよいでしょう。)

◆友人への贈り物は、自分が出産をする前は、何人かの共通の友人と合わせて、ベビー服等を購入することが多かったです。出産後、最近に至っては、一人目を出産した場合には、Primaryベビーギフトとお手製の授乳用クッションを贈ることが多いです。少し遅くなってしまって贈る場合には、ベビーギフトの中でも『おきあがりこぼし』や『ベアぬいぐるみ』をよく贈ります。

ページトップへ