カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

出産祝い「のし」について



【意外と知らない「のし」のはなし】

あらたまった贈り物に欠かせない「のし(熨斗)」。
デパートなどで「内のしと外のし、どちらになさいますか?」「表書きはどうなさいますか?」などと聞かれ、 わからなくて困った経験をお持ちの方も多いかと思います。
ここでは意外と知られていない「のし」の豆知識や一般的なマナーについてまとめてみたいと思います。


のしについて のし(熨斗)ってそもそも何?

私たちが「のし」という時には、主にのし紙・のし袋をさして使います。
しかし本来は、「のし(熨斗)」とは紅白の奉書紙を細長く六角形になるよう折って作ったものをさします。
これは、 昔、お祝いの品物を献上するときに薄くのした(のばした)貝の鮑などの海産物を添えていたことに由来します。
「のし」は正式には「のしあわび」をあらわしていましたが、簡略化され現在の形になったようです。


のしについて 本格的な【のし】とは

品物を白い和紙で包み、水引で結びとめ、右上にのし(熨斗)を付けたものが本式です。
「最上級の贈り物」との意味が込められており、品物に格が出ます。



のしについて 略式だけど一般的な【のし紙】

水引・のしが印刷された「のし紙」を使用するタイプです。
略式となりますが、最近では正式かつフォーマルな贈答として受け入れらております。
当店では、この「のし紙タイプ」のものを使用しております。
水引については、出産祝いなど何度あっても喜ばしいことの場合『花蝶結び』といった紅白の蝶結びを使用します。
表書きには『御出産祝』または『出産御祝』とし、水引の下段に贈る方の名前を記入します。

のし紙のサンプル

のしについて「のし」にまつわる、よくあるギモン!

Q.のし紙のつけ方、内と外どっちがいいの?
→A.包装紙の内側につける「内のし」と、外側につける「外のし」とありますが、どちらでもかまいません。
  余談ですが「のし(熨斗)」そのものを贈り物の一つととらえた場合、「内のし」がより丁寧という考え方が
  あります。
  「外のし」の場合、贈り主と目的が一目瞭然で、スピーディーに対応が出来ることから「結婚」「出産」「葬儀」
  では「外のし」がよいとされているようです。

Q.リボンはどうしたらいいの?
→A.ラッピングに使用しているリボンとのし紙の位置づけは同じそうです。
  のし紙をつけた場合、リボンは使用しません。




出産祝いガイド