カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

オーガニックコットンとふつうのコットンの違い


オーガニックコットンとふつうのコットンでは、栽培の土壌作りから加工において大きな違いがあります。


オーガニックコットン

工程

ふつうのコットン

合成化学物質を3年間まったく使用していない土地の畑でつくられます。

土壌

植え付け以前に化学薬品などで土壌を殺菌します。

雑草は耕運機や人の手で対処します。
野菜のくずや家畜の糞などを利用した肥料を使います。

除草・肥料

除草剤や化学肥料が使われます。

てんとう虫などの天敵昆虫の力を借りて駆除するなど、自然の仕組みを利用した方法で行います。

防虫

農薬を使用します。

人の手で、一つ一つ綿花を摘み取ります。
または、自然に枯れるのを待って収穫します。

刈取り

枯葉剤を散布し人工的に葉や茎を枯らし、機械で刈り取ります。

天然石鹸や食品衛生法の適用を受けているソーダ灰などを使用し、自然の恵みを損なわないように仕上げられます。
漂白や染料などの化学処理は極く安全なレベルで行います。

紡績・加工

漂白剤、化学染料、防腐加工剤、 防縮加工、柔軟仕上げ など様々な化学薬品で処理します。

こうしてみてゆくと、いかにふつうのコットンに化学薬品が大量使用されているかがわかります。
農薬を使用することで、綿花を栽培する人々の健康を損なってしまったり、土地が痩せてしまったりといった問題も起こりました。
生産効率の為、美しい色やデザインの為、機能性の向上の為などに利用される化学薬品をすべて否定するつもりはありません。
ですが、肌が敏感な乳幼児、アレルギー体質の方などには、手間ひまかけて作られた、安心で安全なコットン製品を使っていきたいですね。


オーガニックコットンについて