カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

オーガニックコットンの色について

オーガニックコットンの欠点

人にも自然にもやさしいオーガニックコットンですが、実は残念な点もいくつかあります。
オーガニックコットンは、農薬や大量生産のための機械を使用しないため、生産に時間やコストがかかってしまいます。
また漂白剤や化学染料の使用を抑えているため、生地の色の表現の幅が限定されてしまいます。
防縮加工剤や蛍光増白剤を使用していないので、洗濯すると縮みや歪みが出たり、色が均一でない場合があります。
このように素材の個性が出てしまうのも、自然の恵みを大切にした栽培・加工を行うためです。
そのおかげでふんわりとした 優しく包み込れるような肌触りやあたたかみのある風合いになります。


オーガニックコットンの色

着色をしないオーガニックコットンは、3色のナチュラルカラーがあります。
「白(生成り)」「グリーン」「ブラウン」
もともとは綿にも色々な色味があったそうです。
どの色も天然のやわらかな色で、当店の一番人気のぬいぐるみもナチュラルでやさしい雰囲気に仕上がっております。


おススメ名前入りの贈り物!オーガニックコットンのぬいぐるみ
当店一番人気♪【赤ちゃんのお名前入り】オーガニックコットンのぬいぐるみ
 

黒っぽいゴミ?の正体

時折生地の表面に、黒っぽいゴミのようにも見えるシミが見受けられます。
これは綿の葉の乾いた破片「綿かす」です。
加工の段階で手間をかけ細かなゴミを取り除く努力はしているのですが、全てを取り除くことはとてもとても困難です。
漂白剤等を使用しないために残ってしまう、安全のしるしですので、ご理解いただければと思います。

オーガニックコットンについて

 

ページトップへ